PCとスマホの隙間を埋めるには十分な性能を発揮

今回の評価機は、SSDが128GBで、Microsoft Office 2013は搭載していないモデルだった。ただし十分なストレージ容量があるため、ベンチマークに関してはラクだった。

まず、Windows Experience Indexでは、プロセッサが6.8、メモリが5.5、グラフィックスが4.3、ゲーム用グラフィックスが4.1、プライマリディスクが6.2という結果だった。Atomながらもプロセッサのスコアは比較的高く、一方でゲーム用グラフィックスは、Intel HDに強化されたとはいえ、そこまで高性能ではないという傾向だ。
次は大容量ストレージを生かしてPCMark 8を計測してみた。Homeスコアは1169、Creativeスコアは1046、Workスコアは1174となった。1000ポイント台前半ということで、PCとして見たパフォーマンスは高くない。

そもそも、PCMark 8におけるテストでは、3Dやエンコード、ビデオチャットなども実行されるが、そうした用途をタブレットPCで行うことはまれだろう。なお、そのほかのスプレッドシートやライターといったビジネスソフトのベンチマークではまずまず軽快で、一方、ウェブブラウザベースのテストでは、スクロール時のスムーズさに欠けるところがあった。

CINEBENCH R11.5(R15は64bit用なので動作しない)は、CPUが1.39pts、Single CPUが0.39ptsとなった。Core i7-4770KあたりだとCPUで8ptsあたりになるので、大雑把に1/6のパフォーマンスだ。ただ、1/6程度あるからこそ、比較的快適にWindows 8.1が動いているのだとも言える。

3DMarkは、Ice Stormが12835、同Extremeが8382、同Unlimitedが13977、Cloud Gateが1175という結果で、Fire Strikeが完走しないのは、これまでの他のBay Trailタブレットと同様の傾向だ。Ice Stormでのフレームレートは、GT1で57.83、GT2で50.73と、60fpsに迫るものがある。
ただし、ドラゴンクエストXベンチマークソフトでは、低品質の640×480ドットでもスコアが2167で、「やや重い」という評価だった。2Dのブラウザゲームは十分にプレイ可能だが、3Dのゲームは、かなり軽いタイトル&画質設定で、解像度を落としてなんとかといったところだろう。
ストレージはCrystalDiskMarkで計測した。結果はシーケンシャルリードが123.2MB/sec、同ライトが42.28MB/sec、ほか、4Kリードは11MB/sec前後、4Kライトは4MB/sec前後となった。なお、テストデータの容量を1000MBから100MBまで落とすと、わずかだが全体的に速度が向上した。
引用ーマイナビニュースhttp://news.mynavi.jp/



  • 最終更新:2014-03-21 22:24:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード