Dragontrailの実装

本機ではDragontrailを実装している。


以下IT用語辞典より引用

Dragontrail(ドラゴントレイル)とは、旭硝子が開発した、スマートフォンやタブレット型端末などのタッチデバイス向けの化学強化ガラスである。
Dragontrailはアルミノケイ酸ガラス(アルミノシリケートガラス)を原料とした強化ガラスである。
窓ガラスをはじめ板ガラスとして最も一般的に使用されているソーダ石灰ガラスに比べて6倍の強度がある。
ガラスであるため、樹脂製品では得られない質感や高い耐傷性が実現される。
スマートフォンやタブレット型端末は常に持ち歩いて使用されるため、軽く薄いことが求められる一方、外部からの圧迫や衝撃、こすれなどに強いことが求められる。
Dragontrailはそうした需要に答え、かつ、鉛やヒ素などの有害物質を含まない環境配慮を実現している。
スマートフォンなどのタッチディスプレイ向け強化ガラスとしては、Corningが開発した「ゴリラガラス」なども知られている。
ゴリラガラスもDragontrailと同じくアルミノケイ酸ガラスを採用している。
Dragontrailは2011年1月に販売が開始された。なお、旭硝子は2011年4月21日にソーダ石灰ガラスを原料とした厚さ0.28mmのタッチパネル用ガラス基板を発表している。

  • 最終更新:2014-04-07 03:43:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード