困ったときは

Q スタートボタンが効かなくなった!助けて!

A コントロールパネル→コンピュータの簡単操作 →キーボード
「フィルターキー機能を有効にします」になってたらそいつのせい
チェックを外せば治る
【右シフトキーが8秒押されたらフィルターキーを有効にする】のチェックを外す
残したままだと外付けキーボード繋いだときとか何かの拍子に元に戻る時がある




Q Windows 8.1 Pro版と通常版の違いは?

A 通常版はOffice Home and Business 2013付きで57,750円
pro版にはOfficeが付属せず61,950円
pro版は26,250円でOffice導入可能




Q セットアップしようとしたらMicrosoftアカウントを求められた。

A 従来「Windows Live ID」と呼ばれていたものです。
Microsoftのサービスを利用できたり、複数のPCの設定を同期してくれたりして便利です。
ですが、Microsoftアカウントでサインインしてしまうと、ホームディレクトリが下の名で作成されてしまいます。
英数字だと構いませんが漢字やひらがななどのマルチバイト文字だと、そのことを想定されていないアプリを使用する際に不具合が起こります。
ですのでまず必ずローカルアカウントでサインインしてください。
後からMicrosoftアカウントへ切り替えることが出来ます。変更してもホームディレクトリ名は変わらずそのままです。




Q StationTVLinkを使いたいけど「汎用 PnP モニター」を無効化すると再起動時に輝度がMAXになる

A StationTVLinkでnasneなどからライブチューナーを視聴する場合、デバイスマネージャの汎用 PnP モニター無効化が必要
1.Microsoftのサポートページから「DevCon パッケージ」をダウンロードする
2.devcon.exeを開いて任意のフォルダへ解凍
3.解凍して出てきた「i386」フォルダの中にある「devcon.exe」を C:\Windows\System32 フォルダに入れる
4.メモ帳などで以下のコマンドを記述、拡張子 .bat で適当に保存
devcon enable *LEN40F0*
devcon disable *LEN40F0*
5.保存したbatファイルを下記のスタートアップフォルダに入れる
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
これで、シャットダウンからの起動で明るさは設定値になるし、汎用 PnP モニターは無効化になったまま
明るさを変えたいときは、あらかじめ明るさのバーを調節してからbatファイルを実行すればいい




Q GenyMotion導入時のVirtualBoxのバッテリー消費が多いのを解消したい

A GenyMotionを使うとWindows8.1で快適にAndroidが利用でき、Playストアを導入したりKindleを使ったりできます。
ですがそのままだとVirtualBox Host-Only Ethernet Adapterを原因としスリープ時にバッテリーが1時間に12%消費します。
こいつを手軽に10分の1程度に抑えます。
ちなみにVirtualBox Host-Only Ethernet Adapterを無効にすると20分の1程度に抑えられますが、
GenyMotion起動の度にVirtualBox Host-Only Ethernet Adapterを作成しないと起動しきれなくなります。
GenyMotionを使うごとに有効にすればいいのですが、めんどくさいです。
多少のバッテリー消費は目をつぶる方向け。
手順>
「スタートボタン」長タップ(右クリック)→「ネットワーク接続」→「Wi-Fi」を長タップ(右クリック)→「プロパティ」
→「この接続は次の項目を使用します」のところの「VirtualBox Bridge Networking Driver」のチェックを外す→「OK」

これでスリープ時のバッテリー消費は1時間に1.2%前後に。
でももっと減らしたい人や長くスリープする時は電源ボタン押す前に、
「タスクトレイ」の「ネットワークのアイコン」をタップ(Wi-FiかLANのアイコン)→「機内モード」をオン
これで1時間あたりに0.7%前後になる。





  • 最終更新:2014-03-16 09:12:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード